おすすめオナホ

1月 27, 2020

今まで使ったオナホは30種類くらい。
その中で今も使ってるレギュラーオナホのみ紹介していきます。

 

ふわトロめいき

ふわふわ系オナホールの中では最高峰だと思います。

ふわふわだけど、ゆるくない。

むしろ入り口はかなり狭いのに、挿入すると未知のフワフワに包まれる感じ。新感覚の気持ちよさ。

じっくりまったり気持ちよくオナニーしたい日におすすめ。

けっこうでかいので、固定してゆっくり腰を振ってみるのが良い。

そこらのリアルマンコより気持ち良い。あぁ”^-ってなる。

価格は2000円くらい。買う価値はあります。肉厚で耐久性は問題なし。

 

ボクのおなぺっと

 

ザ・オナホール。

手ごろなサイズ。ふわとろ系。非貫通。

安価(600円前後)かつそれなりに頑丈(洗いまくって一年保つ)。

クセがなく使いやすい。普通に気持ち良い。

オナホ初心者からオナホ玄人まで幅広く満足できる逸品。最初のオナホはこれ買っとけというレベル。

無人島に一つだけオナホ持っていけるならこれ選ぶと思います。

昔から必ず一つは常備してる、まさにボクのおなぺっと。

 

初々しい妹

非貫通。めっちゃキツキツ系。

価格は3000円と、常備オナホの中では高め。

しかしアホみたいに頑丈で、数年使っても大丈夫なレベル。

裏返して乱暴に洗ってもそうそう壊れたりしない。

しかも使い続けていると覚醒する。絡みつくくせにガチキツオナホになる。これまじ。

 

空気抜きのバキュームでギチギチな体験をしてみたり、

使い込みによって変化していく感触を楽しんだりと面白いオナホ。

調教し甲斐があるというか、このオナホに初々しい妹って名前を付けた開発は天才だと思います。

キツイ刺激がお好みなら、これ買っておけば間違いないと思います。

個人的にセブンティーンはこれの下位互換だと思います(チンコ差しだいかも)

 

A10サイクロンSA

俺のオナニーに革命をもたらした電動オナホール。

これまでせいぜい5000円までのオナホしか買ったことのなかった俺にとって、

2万円という出費はまさに冒険であった。

結論から言って、この冒険は某海賊王がワンピースを手に入れたかのような大当たりだった。

 

この後4種類ほどの電動オナホールを試したが、こいつがぶっちぎりで最強だった。

ソープ一回我慢する価値は間違いなくある。いま使用4年目だけど、ほんと買ってよかった

電動オナホたいして気持良くないと言ってる人は一万円以下のやつしか使ったことないパターンが多いと思う。

まずこいつは音が小さい。え、他の電動オナホうるさすぎぃ!ってなるくらい音が小さい。

低速でもけっこう動く。安物の電動オナホなら間違いなく停止する速度でも動く。

じわじわとこみ上げるようなオナニー、イったあとも精子を絞り続けられるような快感を味わえる。

これは電動オナホでしか体験できない。ピンサロですぐに口離す女は見習えっていうレベル。

そして充電一回で数回のオナニー分は十分に耐える。

横の動きしかしないが、人力で縦に動かせばまじで機械姦ひゃっほうってなる(要工夫)

 

さらにこいつのお得なところは、他のオナホを強引に突っ込んでも問題なく回転することである。

↑で紹介しているオナホだと、ふわトロめいき以外は使えます。

標準サイズのオナホはだいたい使える。無限の可能性が広がる。

純正のオナホは、ノーマルと狭いやつとメデューサあたりを買っておけば良い。

安く使いたいなら持ってるオナホを突っ込んでみるべし。

細かいやり方は・・・とりあえず詰め物とガムテープを使ってみるとよいですよ。

 

あとがき

なんだかんだ無難な有名どころに落ち着いてしまう。

自分が割と平均的なチンコ持ってるからかもしれない(;^ω^)

今は手軽に抜きたいならボクのおなぺっと、気持ちよさ重視ならA10サイクロン、気分次第でふわトロか初々しい妹っていう感じで使い分けてます。たまに他のオナホに浮気します。

 

他、常備はしてないけど気が向いたら買ったり奥から引っ張り出してきたりするオナホやエログッズがあるので、単発記事で紹介していきたいと思います。